お風呂の節約術。水道代とガス代(電気代)を節約しよう

  お風呂は、水道代とガス代(オール電化の場合は電気代)がかかるもの。
i-mobile
節約.net > ガス代の節約術 > お風呂の節約術。水道代とガス代(電気代)を節約しよう
またやっぱり毎日湯船につかりたいという方や家族が多い方はお風呂によるガス代や水道代だけでもかなりのものになります。ここでは、お風呂に入る際に心がけたい様々な節約術を公開していきます。
1.家族がいる場合はなるべく続けて入る
湯船にためたお湯は何もしないと冷めてしまいます。特に冬場などは温度が下がるスピードも速いので、家族がいる場合はなるべく続けて入るようにすればガス代の節約になります。
2.そもそも湯船にためるお湯を少なくしておく
お風呂に貯めるお湯の量自体を少し少なめ位にしておくのもテクニックです。貯めておくお湯の量をある程度調節しておけば追炊きするときのガス代も節約できます。
3.シャワーヘッドを節水タイプにしておく
シャワーを使う場合はシャワーヘッドを節水タイプのものに変えるのも簡単にできる節約術です。節水タイプのシャワーヘッドは少ない水の量でも勢いのある水がだせるようになるのでシャワーの際も節水につながります。
4.残り湯は別の目的に使う
お風呂の残り湯もすぐに捨ててしまうのはもったいない。ぬるま湯なら選択に使えば温度がある分汚れが落ちやすいですし、残った水は観葉植物などにあげても良いですよね。
i-mobile
節約.net > ガス代の節約術 > お風呂の節約術。水道代とガス代(電気代)を節約しよう
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 節約.net Allrights reserved.