冷蔵庫と壁の間には隙間を空ける

  冷蔵庫の電気代を節約するポイントの一つとして、冷蔵庫と壁の間に隙間を空けるのがポイントです。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 冷蔵庫と壁の間には隙間を空ける
冷蔵庫はモーターなどにより動かしていますので、熱が発生します。冷蔵庫と壁の間に隙間が無かったり、モノがおいてあったりするとその冷却の妨げとなります。
大型の冷蔵庫の場合は冷蔵庫の上は5~10cm以上の隙間を空けましょう。どうしてもモノを置きたい場合はスノコなどをしいて冷蔵庫とモノとの間に空間を設けるようにすると良いでしょう。

また、冷蔵庫の裏側には放熱板と呼ばれるものがついています。これにホコリがいっぱい付いてしまうと同じ理由で冷蔵庫の放熱が妨げられてしまい、無駄なエネルギー(電気)を消費してしまいます。冷蔵庫の裏も定期的に掃除するようにしましょう。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 冷蔵庫と壁の間には隙間を空ける
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 節約.net Allrights reserved.