契約アンペア数は適切かチェックしよう

  電気料金は契約アンペアという電圧の大きさで基本料金が変わってきます。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 契約アンペア数は適切かチェックしよう
契約アンペアが大きくなるほど、一度に多くの家電製品(電化製品)を使うことができますが、その分電気代の基本料金も高くなります。
例えば東京電力の場合、契約アンペアを60Aから30Aに見直すことで基本料金が1560円から780円に下がります。年間にすると約1万円の節約です。自宅の電気の消費量や同時に使っている電気製品の消費電力を調べて、最低限のアンペアに契約しなおすことで節約ができます。

アンペア数を調べるときは、使っている家電製品の消費電力と言う項目があると思うので、それを100で割った数字が必要なアンペアとなります。例えば、1200Wの商品の場合、この家電製品を使うのに必要なアンペア数は12Aということになる。ほかに800Wのものを使うのなら、8Aで合計20Aがこの場合最低限のアンペアということになります。

ただし、あんまりギリギリにすると直にブレーカーが落ちるといった問題もあるので、ちょっとは余裕を見ておきましょう。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 契約アンペア数は適切かチェックしよう
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 節約.net Allrights reserved.