主婦のパートの働き方と税金、社会保険

  主婦が家計の足しにするためにアルバイトやパートで働くということも多いでしょう。
i-mobile
節約.net > 税金の節税 > 主婦のパートの働き方と税金、社会保険
収入増は節約に勝るものです。ところが、主婦がアルバイトやパートで働くという場合には、税制や社会保険制度がその邪魔をすることがあります。働きすぎて逆に手取りが減ったというケースもありますので注意しましょう。
社会保険上の扶養から外れることは大きなマイナスとなる
特に問題となるのが社会保険です。
サラリーマンや公務員の妻は、健康保険が被扶養者として保険料を払わなくても良いことと、第3号被保険者として、年金の保険料も支払う必要がありません。
ところが、年収が130万円を超えると、社会保険上の被扶養者で無くなってしまうため、新たに国民健康保険+国民年金 or 勤務先の健康保険+厚生年金 への加入が必要となります。
多くの場合は、130万円未満よりも130万円を超える方が、手取りが少なくなるという逆転現象が発生することになるわけです。
こうしたことを130万円の壁とも言います。
参考:パート・主婦の103万円の壁と130万円の壁
おおよそですが、160万円以上を稼ぐつもりでないなら、130万円未満に年収を抑えるのが有利となるでしょう。
NIKE AIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG(HYPER ROYAL/SAIL)(ナイキ エア ジョーダン 1 レトロ ハイ OG)【TOKY... (円)
i-mobile
節約.net > 税金の節税 > 主婦のパートの働き方と税金、社会保険
ページの先頭↑

Copyright 2009-2018 節約.net Allrights reserved.