家電製品故障時は修理より新品がお得?

  家電製品は比較的長期間にわたって使うものが多いですよね。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 家電製品故障時は修理より新品がお得?
そうした中でもし故障や不具合がある場合はどうしていますか?家電製品という分野は日進月歩で技術革新が進んでおりトータルで見た場合は買い換えた方がお得な場合もあります。
エコロジーという点から見たら反対意見も多いかもしれませんが、特にエアコンや冷蔵庫などはその消費電力の削減はすさまじいものがあります。15年前の冷蔵庫を最新の冷蔵庫に変えた場合、その電気代だけでも数年間でモトがとれるようなものもザラにあります。

家電製品が故障した場合などはその消費電力と新品の消費電力を比べてみてください。長い目で見れば二酸化炭素の排出量や省エネルギーなどにより必ずしも修理がエコとはいえないと思います。

例えば、年に800kwhを消費する家電を年200kwhのものに変えた場合、一年間のエネルギー消費量は600kwh減少することになります。これは電気代に直すと13200円、二酸化炭素の排出量で言えばおよそ216kgの差が出るということになります。これは毎年15本以上の成長した杉の木が吸収する二酸化炭素に相当します。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 家電製品故障時は修理より新品がお得?
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 節約.net Allrights reserved.