待機電力をできるだけ小さくする

  電気の消費において待機電力というのは中々侮れないものです。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 待機電力をできるだけ小さくする
待機電力とは、ほとんどの電化製品においてコンセントにプラグが刺さっているだけで電気が流れるというものです。例えばその家電製品を使っていなくても電気が消費されているのです。
待機電力を減らす方法は簡単。プラグを抜くだけです。「家庭の待機電力リスト」などでは、具体的に待機電力を減らすテクニックやコツなども紹介されていますので参考にしてみてくださいね。

なお、待機電力は家庭の消費電力のおよそ10%近くを消費していると言われています。月に8000円の電気代の家庭ならおよそ800円、年間に1万円近い金額になっています。もちろん、AV機器などは電源を抜くと時間設定や予約タイマーなども外れて今いますので全部を解除することはできないと思いますが、見直してみると結構刺さったままの家電製品って多いですよ。
i-mobile
節約.net > 電気代の節約術 > 待機電力をできるだけ小さくする
ページの先頭↑

Copyright 2009-2019 節約.net Allrights reserved.